ビジネスチャット、ビデオ通話、文書管理、スケジュールを統合。IP Messenger 互換。基本無料!

よくある質問

一般編

ビジネスチャットサービスとしての優位性は?

次の点が特徴で、優位性があります。
  1. ビジネスチャットに、ビデオ通話、文書管理、カレンダー、キャプチャ、付箋など周辺ツールが使いやすく統合されている
  2. 基本機能は無料で利用できる
  3. インストールするだけで社内ユーザを自動認識する
    (難しい設定無しで直ぐにビジネスチャットやビデオ通話が利用できる)
  4. ビデオ通話は複数人で同時に利用でき、FullHD 画質、FullScreen に対応
  5. チームごとのポリシーに応じて、LAN 専用 or クラウド&モンバイル を使い分けるハイブリッドモデル (個人情報を扱うチームは LAN 専用で、など)
  6. Windows / Mac / Android / iOS の 4 Platform 、日本語・英語・中国語の 3言語 に対応

離れた拠点と連携できますか?

拠点がVPNで接続されているかどうかで異なりますが、どちらも連携可能です。

特定のユーザがオフラインになる

オフラインになるユーザが、Windows ファイアウォールでブロックされている事が大半の原因です。(初期インストール時に丁寧に注意を促すのですが)

次の通り[ヘルプ] → [Windowsファイアウォールの確認] を実行すれば解決します。

使用するポートについて

Chat&Messenger の LAN モデルでは次のポートを利用します。
  • メッセージ送受信 : UDP・TCP 2425ポート
  • 音声通話/TV会議用 : UDP 22224~22229ポート
異なるネットワークセグメントで接続出来ないなど問題がある場合は、各ネットワーク間のルータや L3 スイッチのパケット・フィルタ設定で、上記ポートが通過可能か確認してください。

データはどのように暗号化されますか?

メッセンジャー・チャットでのメッセージ本文・ファイル転送

メッセージ本文は公開鍵暗号方式で暗号化されます。復号するための鍵を送受信する前に交換する必要があります。またファイル転送もオプションでファイルそのものを同方式で暗号化します。
  • 暗号強度は、公開鍵(RSA 1024bit) + 共通鍵 (Blowfish 128bit)
  • ファイル転送の暗号化はプレミアム機能で、ファイル転送ダイアログで「全て暗号化」で転送した場合、上記の方式でファイル自体が暗号化されます。詳細は 暗号化ファイル転送機能 を参照してください。

CAMServer 上のデータ

  • 文書管理データ・・・共通鍵暗号方式で暗号化されます。※ ファイル添付はオプションで指定した場合
  • メッセージログデータ・・・CAMServer へ転送される時は暗号化されますが、保管されたメッセージは暗号化しません。
    • 現在は CAMServer が管理する PC は、パスワード管理されている事が前提の仕様のため
    • メッセージログのサーバ管理は、コンプライアンスの目的もあるため、必要な時に閲覧出来る体制も必要

クラウド上のデータ

通信・添付ファイル・データベース、全てのデータをユーザ企業様毎に異なる暗号化キーを使い強力に暗号化します。詳細は クラウド・モバイル を参照してください。


ユーザを識別するキーは何ですか?

  • LANモデル : ログオン名 + ホスト名
  • クラウドモデル : UUID(Universally Unique Identifier)を元にしたハッシュ値


ビジネスプレミアムの無料お試しはありますか

フリー版でもビジネスプレミアムの機能は2分間ご利用可能ですが、完全な状態で試してみたい場合は、以下何れかの対応が必要です。
  • CAMServer をインストールして頂く(CAMServer は 2ヶ月間無料お試し可能)
  • クラウド・モバイル版を申し込む(導入前提ですが、こちらも無料期間があります)


ビデオ通話、音声通話のネットワークトラフィック量

ビデオ通話・音声通話を行った場合のネットワーク使用量は、次の通りです。何ユーザが同時に利用できるかは、ご利用のネットワーク環境に依存するため、実際に試してみて社内でポリシーを決定してください。

※ Windows タスクマネージャーで計測
※ 解像度、利用人数が増えると、 FPS、画像のクオリティを自動で下げるため、掛け算でネットワークトラフィック量が増える事はありません
※ 音声通話だけの場合は、2ユーザで 0.2 Mbps 程度


非表示にしたユーザを再表示する方法が分かりません

「設定」メニュー⇒「ユーザのソート」を実行してください。
一番下の方に、優先順位が「非表示」と表示されていますので変更してください。その後、最新表示が必要です。

PCの移行

PCの入替えをするとユーザーリストに同じ名前が2つ

【質問】
PC の入替で Chat&Messenger を入れ替えたところ、各クライアントのユーザーリストに同じ名称が2つ表示されておりました。
片方はオンライン、もう片方はオフラインとなっています。


【回答】
LANモデルの場合、Chat&Messenger のキー項目は、クライアント PC の以下の項目です。

ログオン名 + ホスト名

そのため PC を入れ替えると、ホスト名が変わるため同じユーザ名が二つ表示されます。

オフラインとなったユーザはデフォルト7日経過すると自動で消去されますが、「アプリケーション環境設定」⇒「送受信」⇒「オフラインユーザ管理」の「オフライン継続ユーザを画非表示にする日数」で変更できます。

PCを変更した場合に、過去のデータを引き継ぎたいのですが

Chat&Messengerをインストールしたフォルダを、そのまま別PCにコピーし移せば利用可能です。

クラウド・モバイル

オンプレミスでモバイル連携したいのですが?

まず、オンプレミスでモバイル連携する場合、次のいずれかのインフラ環境を準備して頂く必要があります。(※ そうしないと、モバイルと PC を連携させる事ができせん。)
  • 外部公開されたインフラ環境を自社で用意する
  • Google cloud platform / AWS クラウドインフラ環境を用意する
ただし、外部公開されたインフラ環境の構築・運用は非常に難易度が高いため、弊社にてクラウド環境( Google cloud platform を利用) へ構築・運用させて頂く事を推奨しています。
※ Google cloud platform 利用量は、サービス価格に含まれており、人件費を考慮するとその方がコスト削減できます。

モバイルサポート端末

以下をサポートしています。
Android ・・・4.4 以上
iOS ・・・iOS 10 以上


CAMServer

CAMServer のPCを変更したいのですが

メールにて連絡頂ければ、契約期間を引き継いだライセンスファイルを再発行致しますので、 次の手順を確認してください。
2014/10/01 新環境の CAMServer が、v2.55.01以降の場合は、ライセンス再発行が不要になりました。旧環境のライセンスファイルを、新環境でもご利用ください。

移行するにあたって

CAMServer は同一セグメント上に複数起動できません。 そのため、CAMServer のPC変更に際しては、下記どちらかの状態で、クライアントが CAMServer の接続設定を行っていると移行作業が楽になります。 移行前に対応出来ないか確認してみてください。
  1. 各クライアントが「CAMServerへの接続設定」でDNS名を指定している
  2. CAMServer のIPアドレスは、新PCでも同一である
上記のどちらの状態でもない場合は、CAMServer の変更を各クライアントへ伝達する必要がありますが、その場合次の点を認識しておいてください。
  • 同一セグメントのユーザは自動で CAMServer の変更を検出する
  • 異なるセグメントのユーザは、CAMServer 側の Local Network以外のBroadcast設定で、ワイルドカード指定でセグメントを指定している場合、自動で CAMServer の変更を検出する
  • 上記に該当しない場合は、各ユーザへ事前にアナウンスし、指定日以降に各自がクライアント側にて「CAMServerへの接続設定」を変更してもらう手順が必要
  • 詳細は、外部ユーザ取得・ルータ超え を確認

移行手順

  1. 古い CAMServer を停止
    古い CAMServer をアンインストールする場合は、アンインストール方法も参照
  2. 新PCへ CAMServer をインストール
    • CAMServer のダウンロード より最新をインストーラしてください。
    • 旧PC の CAMServer が最新バージョンの場合は、CAMServer フォルダを、新PC へそのままコピーするだけでも OK です。
    • 各種設定やデータ、ライセンスファイル、クライアントのログを引き継ぐ場合は、旧PCから新PCの CAMServer フォルダへ以下のファイルをコピーしてくだい
      CAMServer
      ├─licence.cam
      ├─config フォルダ
      ├─sys\work フォルダ   
      └─logs フォルダ
      
  3. 新しい CAMServer を起動

  4. 外部ユーザがいてオフラインになっている場合は、必要に応じて 外部ユーザ取得機能を有効にするには を実施して再認識させる


ユーザ数上限の目安

ユーザ数の上限は、ネットワーク環境や、CAMServer及び、クライアントのPCのスペックにより異なりますが、1500 ユーザぐらいと考えます。※1000ユーザ以上の実績はあります。

CAMServerを利用した場合でもClient間で直接通信が行われるのですか

はい。Client が一旦 CAMServer よりユーザー・リストを取得した後は、Client どうしの直接通信になります。 尚、オフラインのユーザに対しては、CAMServer が保管し中継します。

CAMServer の冗長構成について

CAMServer を冗長構成(2台目を用意)をしておき、障害時には稼動サーバを即時切替えてサービス提供を継続すること可能でしょうか?

CAMServer(Active) と CAMServer(standby) の構成が可能です。次の条件が必要です
2台の CAMServer のIPアドレスが同じである、または各クライアントが DNS 名で CAMServer を認識 * するようにしている。
各クライアントが「CAMServerへの接続設定」を指定しCAMServerを認識

CAMServer(Active) と CAMServer(standby) で定期的に、CAMServer フォルダの差分バックアップを行い、障害時 standby を起動すればシームレスにサービスを継続できます。

アンインストール方法

CAMServer の v2.55.01からインストーラーに対応したため、利用しなくなったが PCは継続して利用する場合はアンインストール作業が必要です。アンインストールは次の手順で実施してください。
  1. Windows のスタートアップへ登録している場合は、
    CAMServer 上の [ファイル] メニュー > [スタートアップ登録解除]を実行する
  2. Windows サービスとして登録している場合は、
    [管理] メニュー > [サービス] > [サービスのアンインストール] を実行する
  3. 最後に、CAMServer のアンインストールを、CAMServer 上の [コントロール パネル] > [プログラムのアンインストール] で、CAMServer を指定し削除する
CAMServer\config などの設定情報は、アンインストールしても削除しませんので、不要な場合は手動で削除してくだい

その他

1台のPCを複数ユーザで利用している場合、ユーザ毎の環境を作成できるか?

通常通りインストールした場合は、対応できませんが、ログインユーザー毎に、ユーザー所有のフォル ダへChat&Messengerをインストールすることで対応できると思います。
例)、
C:\Users\user1\ChatAndMessenger
C:\Users\user2\ChatAndMessenger

※設定ファイルはそれぞれユーザー毎に以下に保存されます。
C:\Users\user1\ChatAndMessenger\config
C:\Users\user2\ChatAndMessenger\config

※ログファイルはそれぞれユーザー毎に以下に保存されます。
C:\Users\user1\ChatAndMessenger\logs
C:\Users\user2\ChatAndMessenger\logs

また、スタートアップに登録した場合でもログインユーザーのChat&Messengerが起動します。

認証が必要なプロキシーサーバーがある環境でも自動バージョンアップ可能に

cam.ini ファイルに次の記述を追加する事で対応出来るように http.proxyHost=IPアドレス or HOST名