ビジネスチャット、テレビ会議、ファイル共有、スケジュール管理を統合したグループウェア。IP Messenger 互換。

よくある質問

一般編

グループウェア・ビジネスチャットとしての優位性は?

次の点が特徴で、優位性があります。

  1. ビジネスチャット に、テレビ会議ファイル共有スケジュール管理施設予約キャプチャ付箋 などを使いやすく統合したグループウェアで、必要アプリのコスト削減ができる
  2. 基本機能が無料で利用できる上、有料版であっても他社の類似サービスと比較し圧倒的に低価格
  3. インストールするだけで社内ユーザを自動認識する
    (アカウント登録や、難しい設定無しで直ぐにビジネスチャットやビデオ通話が利用できる)
  4. ビデオ通話は複数人同時利用、デスクトップとモバイル通話、FullHD 画質に対応
  5. チーム毎のポリシーや状況に応じて、オンプレミス(LAN 専用) or クラウド&モバイル を使い分けるハイブリッドモデル
    巨大ファイル転送・機密性の高い情報を扱うチームはLAN専用を、営業先・テレワークなど社外でも利用するチームはクラウド&モンバイルを利用する、と言った使い分けが可能
  6. Windows / Mac / Android / iOS の 4 Platform 、日本語・英語・中国語の 3言語 に対応

インターネット接続は必要ですか?

オンプレミスでご利用の場合は不要です。Chat&Messenger を起動すると、難しい設定なしで社内ユーザを自動認識し、チャットやビデオ通話が可能です。

尚、Chat&Messenger クラウドサービスを利用する場合は、インターネット接続は必要です。

ユーザを自動認識できる範囲は?手軽に別拠点と連携したい

自動で認識できる範囲

LAN 内で Chat&Messenger がユーザを認識できるのは、ブロードキャストパケットの到達範囲で、同じネットワークセグメント内です。ネットワーク設計により異なりますが、同じネットワークセグメントの範囲は、一般的に同じ部署や同じフロアとなります。

また、WI-FI と 有線LANを混在している場合は、ネットワークが異なる場合があるため、自動認識できません。

自動認識できる範囲を広げたい

最も手軽な方法は Chat&Messenger クラウド(無料プラン有) を利用する事です。オンプレミスを選択の場合は オンプレミス CAMServer を利用すると良いです。


離れた拠点と連携できますか?

Chat&Messenger クラウドサービス(無料プラン有)を利用する事で簡単に実現できます。

また、拠点が VPN・IP-VPN で接続されている場合は オンプレミス CAMServer を利用する事でも実現できます。

特定のユーザがオフラインになる、表示されない、メッセージが遅延する

原因として、可能性が高い順に解消方法を記載致します。

片方のユーザだけ Broadcast設定している、WI-FIと有線LANでネットワークが違う

Broadcast設定 を、片方のユーザだけ指定している場合や、 WI-FI と 有線LANを混在している環境で、ネットワークが異なる場合は正しくユーザを認識できず、オフラインになる場合があります。

この場合は、Chat&Messenger クラウド(無料プラン有)、または、オンプレミスを選択の場合は オンプレミス CAMServer を利用すると解決します。

Windows ファイアウォールでブロックされている

Windows ファイアウォールでブロックされていると、通信が不安定になり、特定のユーザがオフラインになる、などの表示不具合が発生します。

次の通り、[ヘルプ] → [Windowsファイアウォールの確認] を実行すれば解決します。
ユーザアカウント制御の確認がある場合、[はい] を押下してください。また管理者権限のないユーザでは、管理者のパスワードが必要になります。

セキュリティソフトが 2425 ポートをブロックしている

ご利用のセキュリティソフトが 2425 ポートをブロックしていないか確認してください。

使用するポートについて

Chat&Messenger の LAN モデルでは次のポートを利用します。
  • メッセージ送受信 : UDP・TCP 2425ポート
  • 音声通話/TV会議用 : UDP 22224~22229ポート
異なるネットワークセグメントで接続出来ないなど問題がある場合は、各ネットワーク間のルータや L3 スイッチのパケット・フィルタ設定で、上記ポートが通過可能か確認してください。

データはどのように暗号化されますか?

クラウドのデータ

通信・添付ファイル・データベース、全てのデータをユーザ企業様毎に異なる暗号化キーを使い強力に暗号化します。詳細は クラウド・モバイル を参照してください。

オンプレミス(LAN 専用) のデータ

メッセンジャー・チャットでのメッセージ本文・ファイル転送
メッセージ本文は公開鍵暗号方式で暗号化されます。復号するための鍵を送受信する前に交換する必要があります。またファイル転送もオプションでファイルそのものを同方式で暗号化します。
  • 暗号強度は、公開鍵(RSA 1024bit) + 共通鍵 (Blowfish 128bit)
  • ファイル転送の暗号化はプレミアム機能で、ファイル転送ダイアログで「全て暗号化」で転送した場合、上記の方式でファイル自体が暗号化されます。詳細は 暗号化ファイル転送機能 を参照してください。
CAMServer 上のデータ(LAN専用の旧バージョン)
  • 文書管理データ・・・共通鍵暗号方式で暗号化されます。※ ファイル添付はオプションで指定した場合
  • メッセージログデータ・・・CAMServer へ転送される時は暗号化されますが、保管されたメッセージは暗号化しません。
    • 現在は CAMServer が管理する PC は、パスワード管理されている事が前提の仕様のため
    • メッセージログのサーバ管理は、コンプライアンスの目的もあるため、必要な時に閲覧出来る体制も必要



ユーザを識別するキーは何ですか?

  • LANモデル : ログオン名 + ホスト名
  • クラウドモデル : UUID(Universally Unique Identifier)を元にしたハッシュ値


ビジネスプレミアムの無料お試しはありますか

あります。お問い合わせからお申し込みくださいませ。

テレビ会議・ビデオ通話

複数人だとビデオ通話・画面共有ができない

まずは、ビデオ通話の使い方 を確認して、テストしてください。

複数人でビデオ通話を行う場合や、FullHD画質・画面共有を行う場合、最低 150Mbps 以上のネットワーク通信速度が必要です。

ご利用のネットワーク速度がどの程度あるか、以下参考に確認してみてください。
https://pc-karuma.net/windows-8-check-network-connection-speed/

複数人でテレビ会議が出来ないケースのほとんどは、古いネットワーク環境を利用している事が多く根本的に通信速度が遅い事が原因です。

昨今は、Wi-Fi ルーターであっても 300Mbps 程度が標準的で、それ以下の場合はルーターを新しくする方がコストパフォーマンスは高いです。
また Wi-Fi より有線 LAN の方が速度が早いため、有線LAN が利用できる場合は利用してください。

ビデオ通話、音声通話のネットワークトラフィック量

ビデオ通話・音声通話を行った場合のネットワーク使用量は、次の通りです。何ユーザが同時に利用できるかは、ご利用のネットワーク環境に依存するため、実際に試してみて社内でポリシーを決定してください。

※ Windows タスクマネージャーで計測
※ 解像度、利用人数が増えると、 FPS、画像のクオリティを自動で下げるため、掛け算でネットワークトラフィック量が増える事はありません
※ 音声通話だけの場合は、2ユーザで 0.2 Mbps 程度

ビデオ通話、Web会議でインターネット接続は必要ですか?

LAN専用のビデオ通話と、インターネット接続が必要な Web会議 がございます。

LAN専用のビデオ通話はインターネット接続が全く不要ですが、Web会議は、WebRTC 技術を使い、モバイル端末とも連携する事ができます。

WebRTC では各端末がピア接続できるまでの、最初のネゴシエーションで chat-messenger.com へ接続するため、インターネット接続が必要です。各端末が接続出来た後は、端末同士のピア接続に切り替わります。

Web会議をオンプレミスで構築できますか?

LAN用のビデオ通話は完全クローズドでオンプレミス提供可能ですが、ブラウザで行うWeb会議はオンプレミス構築できません。chat-messenger.com へインターネットを経由してアクセスして頂く必要があります。
理由としては次の通りです。

  • Web会議のユースケースは、テレワーク・モバイル端末(BYOD)連携を重視しております。これらは社内ネットワークと異なる場合があり、各端末がP2P接続が出来無い場合があります。P2P接続できない場合に chat-messenger.com のサーバを中継して音声・ビデオデータを配信できるようにしている
  • WebRTC で依存しているライブラリーが、Windowsでサポートされていないため、オンプレミス CAMServer(Windows) と一緒に配布する事が出来ない
  • Web会議で、Chrome/Firefox ブラウザを使う事で高圧縮なコーデック(VP9など)が利用できる
  • Chrome/Firefox を含む最新ブラウザは、WebRTC系APIが https でしか利用出来なくなっており、オンプレミスでの運用が難しくなっている
    WebRTC と https の制限に関する参考リンク
  • chat-messenger.com クラウド上に固有サーバを構築し、IPアドレス制限を設け擬似的にプライベート化が可能です。
  • 利用者様のクラウドにビデオ・サーバを構築する事も可能。ただプライベートでは無くパブリック・クラウド上に配置する必要があり、運用難易度は高くなります。

PCの移行

PCの入替えをするとユーザーリストに同じ名前が2つ

【質問】
PC の入替で Chat&Messenger を入れ替えたところ、各クライアントのユーザーリストに同じ名称が2つ表示されておりました。
片方はオンライン、もう片方はオフラインとなっています。


【回答】
LANモデルの場合、Chat&Messenger のキー項目は、クライアント PC の以下の項目です。

ログオン名 + ホスト名

そのため PC を入れ替えると、ホスト名が変わるため同じユーザ名が二つ表示されます。

オフラインとなったユーザはデフォルト7日経過すると自動で消去されますが、「アプリケーション環境設定」⇒「送受信」⇒「オフラインユーザ管理」の「オフライン継続ユーザを画非表示にする日数」で変更できます。

PCを変更した場合に、過去のデータを引き継ぎたいのですが

Chat&Messengerをインストールしたフォルダを、そのまま別PCにコピーし移せば利用可能です。

クラウド・モバイル

モバイルサポート端末

以下をサポートしています。
Android ・・・4.4 以上
iOS ・・・iOS 10 以上

オンプレミスでモバイル連携したいのですが?

社内 WI-FI 限定ですが、オンプレミス CAMServer を導入する事で対応可能です。詳細は クラウドサービスを自社内オンプレミスへ構築 参照。

オンプレミス CAMServer を使い社外のモバイル端末と連携できますか?

オンプレミス CAMServer ではできません。
社外のモバイル端末と連携するためには、public なIPアドレスを割り当てたサーバでへ、CAMServer を公開する必要があります。これは非常に高いセキュリティ・運用スキルが求められます。 ですので、Chat&Messenger クラウド を利用してください。

モバイル版は IPMessenger 互換ですか?

残念ながらモバイル版は IP Messenger と互換性がありません。 昨今の、Wi-Fi ルータは、モバイル端末が増え接続端末が多い事などから、broadcast パケットを通さない設定がデフォルトの場合があるためです。

CAMServer

CAMServerを利用した場合でもClient間で直接通信が行われるのですか

はい。Client が一旦 CAMServer よりユーザー・リストを取得した後は、Client どうしの直接通信になります。 尚、オフラインのユーザに対しては、CAMServer が保管し中継します。

CAMServer の冗長構成について

CAMServer を冗長構成(2台目を用意)をしておき、障害時には稼動サーバを即時切替えてサービス提供を継続すること可能でしょうか?

CAMServer(Active) と CAMServer(standby) の構成が可能です。次の条件が必要です
2台の CAMServer のIPアドレスが同じである、または各クライアントが DNS 名で CAMServer を認識 * するようにしている。
各クライアントが「CAMServerへの接続設定」を指定しCAMServerを認識

CAMServer(Active) と CAMServer(standby) で定期的に、CAMServer フォルダの差分バックアップを行い、障害時 standby を起動すればシームレスにサービスを継続できます。

その他

非表示にしたユーザを再表示する方法が分かりません

「設定」メニュー⇒「ユーザのソート」を実行してください。
一番下の方に、優先順位が「非表示」と表示されていますので変更してください。その後、最新表示が必要です。

1台のPCを複数ユーザで利用している場合、ユーザ毎の環境を作成できるか?

通常通りインストールした場合は、対応できませんが、ログインユーザー毎に、ユーザー所有のフォル ダへChat&Messengerをインストールすることで対応できると思います。
例)、
C:\Users\user1\ChatAndMessenger
C:\Users\user2\ChatAndMessenger

※設定ファイルはそれぞれユーザー毎に以下に保存されます。
C:\Users\user1\ChatAndMessenger\config
C:\Users\user2\ChatAndMessenger\config

※ログファイルはそれぞれユーザー毎に以下に保存されます。
C:\Users\user1\ChatAndMessenger\logs
C:\Users\user2\ChatAndMessenger\logs

また、スタートアップに登録した場合でもログインユーザーのChat&Messengerが起動します。

認証が必要なプロキシーサーバーがある環境でも自動バージョンアップ可能に

Chat&Messenger を停止した後、cam.ini ファイルに次の記述を追加する事で自動バージョンアップ可能です。

cam.ini ファイル次の場所にあります。
ChatAndMessenger/cam.ini