ビジネスチャット、テレビ会議、ファイル共有、スケジュール管理を統合したグループウェア。IP Messenger 互換。

便利な機能を使ってビジネスチャット疲れを解消しよう!

便利な機能を使ってビジネスチャット疲れを解消しよう!

この記事では、ビジネスチャット 疲れを解消するために知っておきたい便利な機能について紹介します。

スピーディなコミュニケーションが可能になるビジネスチャット。導入する企業は年々増え続けており、メールに代わるコミュニケーションツールとして利用されています。

ビジネスチャットは便利なツールではあるものの、コミュニケーションをとっていれば往々にして疲れてしまうこともあるでしょう。それはビジネスチャットでも不可避なことです。

そんなときは、ビジネスチャットの便利な機能を使うことで、疲れを解消できます。ビジネスチャットを使っている方やコミュニケーション疲れを感じる方は、参考にしてください。

メンションを使って、読んで欲しい人にきちんと伝える

ビジネスチャットの主機能は複数人でグループチャットができる事ですが、誰宛に送ったメッセージか分からない場合、グループメンバーがストレスになる場合があります。

そのため、いくつかのビジネスチャットツールは、送りたい相手を素早く選択できる メンション と呼ばれる機能が搭載されています。Mail の「To」のような役割ですが、読んでもらいたい相手をグループ全体で認識してもらう、と言った役割も兼ねています。

また、メンションを付けることで、相手がスマートフォンの場合はプッシュ通知、パソコンならデスクトップ通知を表示させる事ができます。メンションを使うだけで、相手にメッセージを読んでもらいやすくなるのです。 ビジネスチャット疲れを防ぐ効果的な方法になるでしょう。

アイコンでリアクションして簡単に済ませる

ビジネスチャットはグループ機能があり、何人ものメンバーがメッセージを送り合っていると、膨大な量を読むことになります。毎回返信をすると、大変な労力になるでしょう。

そんなときはアイコンを使うのがおすすめです。アイコンは表情や理解したことを示すものなど、多岐に渡ります。ほとんどのビジネスチャットにはアイコン機能が含まれており、簡単にリアクションをして済ませられるのです。感情表現やお礼、同意などを気軽にリアクションできるので、疲れることはありません。

画面キャプチャーを使って絵や画像で伝える

コミュニケーションツールのやり取りの大半は、文字によるものです。それはビジネスチャットも変わりません。

しかし、画面キャプチャー機能を使えば、絵や画像で伝えることができます。文章による説明では、限界があることも少なくありません。特にクリエイティブ系の仕事であれば、細かな指示や修正が必要になります。

ビジネスコミュニケーション上、微妙なニュアンスが伝わらず、苦労した経験がある方もいるのではないでしょうか?絵や画像を使えば、瞬時に理解してもらえることもあります。ビジネスチャット疲れを解消するのに、画面キャプチャーはとても効果的です。

業務時間外は通知機能を使わない

通知機能はメッセージが送られてきたことにすぐに気づけるため、とても便利です。

しかし、業務時間が終わっても通知が送られて来ていると、ビジネスチャット疲れの原因になります。せっかくビジネスチャットが便利なツールでも、これではストレスの原因になるばかりです。

だからこそ、業務時間外は通知機能をオフにしましょう。ビジネスチャット疲れをすぐに解消できるはずです。

便利なビジネスチャットだからこそ、疲れないように使おう

ビジネスチャット疲れを解消するために知っておきたい便利な機能について解説してきました。

ビジネスチャットは、とても便利なコミュニケーションツールです。しかし、コミュニケーションにストレスは付き物。使い方を工夫するだけで、ビジネスチャット疲れを感じずに、快適に使えるようになるはずです。

便利なビジネスチャットだからこそ、疲れないような使い方することでストレスを減らしながら利用できるでしょう。

メンション、アイコンリアクション、画面キャプチャー機能が搭載されたお勧めビジネスチャットツールを紹介