ビジネスチャット、テレビ会議、ファイル共有、スケジュール管理を統合したグループウェア。IP Messenger 互換。

オンプレミス(グループウェア・テレビ会議)運用時の VPN どこがお勧め?

この記事では、オンプレミスの環境下で グループウェアビジネスチャットテレビ会議・ビデオ通話 を使うときに知りたい、おすすめの VPN を紹介します。

最近のビジネスシーンでは、クラウド型のサーバーやソフトウェアの導入が増えていますが、セキュリティを優先し、オンプレミスで運用したいニーズも多いです。

そこで、オンプレミスの基本的なことや注意点、おすすめのVPNなどを解説します。ビジネスチャットやグループウェアを使っていてセキュリティに不安を抱えている方やおすすめのVPNを知りたい方は、ぜひご一読ください。

拠点間でオンプレミス運用する場合は VPN が必要

オンプレミスでグループウェア、ビジネスチャット、Web会議などのサービスを、企業内拠点間で運用するには VPN が必要です。

オンプレミスについて、詳しい情報はこちらを参照してください。
オンプレミス、クラウドで利用できるビジネスチャット、テレビ会議、グループウェア

VPN とはVirtual Private Networkの略で、インターネット回線を使って、離れた場所の間を仮想的な専用線でつぎプライベート・ネットワークを構築する技術で、社内LAN と接続する事ができます。

VPN は主に拠点間での接続の際に使われますが、自社のネットワークに通信しているかのようにセキュリティを確保して接続できる点が特徴です。

インターネットVPN と IP-VPN の違い

VPNには、インターネットVPNIP-VPN などいくつかの種類がありますが、オンプレミスでサービスを運用する場合は、この2つを知ることは大切です。

インターネットVPN

  • インターネット使って仮想的な組織内ネットワークを構築するのが「インターネットVPN」
  • 通信経路は IPsec などで暗号化されている
  • 安価にVPNを利用できが、通信速度や品質は利用しているインターネット環境に左右される
  • 企業のLAN(イントラネット)同士を接続する「LAN間接続VPN」と、自宅や出張先から個人が企業内ネットワークに接続する「リモートアクセスVPN」がある。リモートアクセスVPN 接続は専用クライアントソフトをインストールする必要がある

IP-VPN

  • IP-VPN は、通信事業者の閉域IPネットワーク網を使った接続方法
  • コストが割高になるが、インターネットを介さないのでセキュリティや通信品質は高い

おすすめのVPNは

ITトレンド VPN ランキング で比較して、資料請求するのも良いでしょう。

SoftBank

携帯電話の通信会社でお馴染みのSoftBankは、VPNも提供しています。SoftBankのインターネットVPNは、初期費用が無料、月額料金は1ユーザーあたり300円(税抜)という圧倒的な安さ。知名度のある大手会社が提供しているという安心感も、付加価値と言えるでしょう。

株式会社TOKAIコミュニケーションズ

ワンオフィス・セーフゲートも、業界最安水準でインターネットVPNを提供しています。初期費用は30,000円かかりますが、月額料金は1ユーザーあたり300円(税抜)。60日間の無料トライアル期間もあるので、試しに使ってみるのもいいでしょう。

アルテリア・ネットワークス株式会社

IP-VPNを使うなら、ARTERIA光 閉域VPNアクセスがおすすめです。高品質で安全な通信環境を確保できるでしょう。IP-VPNにも関わらず、月額料金は36,000円(税別)から利用できます。比較的安価にインターネットを介さない接続サービスを利用できるのは、大きなメリットです。

VPN でオンプレミスサービス(グループウェア、ビジネスチャット、テレビ会議)を利用するには?

オンプレミスの環境下でビジネスチャットやテレビ会議、グループウェアを使うときに知りたい、おすすめのVPNを解説してきました。 ビジネスシーンでは機密情報を扱う場合があるため、インターネットVPNとIP-VPNを見比べて、安心できる通信環境を手に入れましょう。

Chat&Messenger は、ビジネスチャット、テレビ会議、ファイル共有、スケジュール管理、文書管理、会議室予約、付箋、キャプチャを使いやすく統合したグループウェアです。

VPNを使ってイントラネット内だけでも利用でき、基本機能は無料でご利用できます。