ビジネスチャット、テレビ会議、ファイル共有、スケジュール管理を統合したグループウェア。IP Messenger 互換。

テレビ会議・Web会議で映像が途切れる。ネットワーク環境を見直して快適に!

ネットワークの通信速度が重要

テレビ会議・ビデオ通話 では、ネットワークの通信速度はとても重要です。音声や映像のクオリティが会議の成功を左右するため、ネットワーク環境が悪く、音声や映像が途切れてしまっては、円滑に進めることはできません。

ここからは、ネットワークの重要性や通信速度を早くする方法などを紹介します。テレビ会議・Web会議を導入しているものの、音声や映像が途切れてしまうことで悩まれている方もいるかもしれません。ネットワーク環境を見直したい方や、これからテレビ会議・Web会議を導入する方は、ぜひ参考にしてください。

ネットワーク通信速度が遅いと品質が悪くなる

テレビ会議・Web会議を使うときにネットワークの通信速度が遅いと、いくつものデメリットがあります。ネットワークの通信速度が遅いことで、なぜ品質が悪くなるか分からないという方は、まずはここで紹介する3つを押さえておきましょう。

映像が表示されない

映像が上手く表示されるかは、通信速度によって大きく左右されます。通信速度が速かれば、その分多くの情報を処理できます。テレビ会議・Web会議で使われる音声通話やビデオ通話は、ただメッセージを送り合うのとは違い、通信負荷はかなり大きいです。そのため、通信速度が遅ければ、通信のやり取りが追いつかずに映像が表示されなくなります。映像が表示されなければ、テレビ会議・Web会議に大きな支障をきたすでしょう。

Web会議中に切断されてしまう

テレビ会議・Web会議は、それぞれの場所から遠隔で行うものの、会議なのでスムーズに進めなければなりません。通信速度が遅くて、ネットワークの品質が悪ければ、テレビ会議・Web会議は切断されてしまいます。テレビ会議・Web会議で誰かが話している途中で切断されてしまうと会議になりません。テレビ会議・Web会議を行う上で、致命的なデメリットになってしまうのです。

相手の映像が表示されない

通信環境が悪ければ、自分の映像が相手から見えないだけでなく、相手の映像も表示されません。テレビ会議・Web会議は音声通話で行うこともできますが、ビデオ通話の方が好ましいケースもあるでしょう。ビデオ通話をするときに相手の映像が表示されなければ、テレビ会議・Web会議に悪影響を与えます。

テレビ会議・Web会議を行う上で、一方の映像が表示されているのに、もう一方の映像が表示されないと会議を円滑に進められません。双方の映像を正しく表示し続けるには、ネットワークの通信速度は重要なのです。

ネットワーク通信速度の計測方法

ネットワークの通信速度を計測する方法はいくつもありますが、簡単なのはWebサイトにアクセスすることです。ぴかまろというサイトにアクセスすれば、自分が使っているネットワーク環境がどの程度の通信速度なのかを調べられます。パソコンのOSやデバイスに左右されずに通信速度を調べられるので、オフィスや自宅、よく利用するカフェのネットワーク状況を簡単に把握できるでしょう。

ネットワーク通信速度の改善方法

無線LANより有線LANの方が高速

無線LANと有線LANを使うのでは、どちらが快適に通信できるかご存知でしょうか?無線LANは、場所を選ばずにストレスなく使えます。そのため、有線LANは使わないという人は多いかもしれません。しかし、無線LANよりも有線LANの方が通信速度は良いです。

たしかに、無線LANはパソコンを好きな場所に持ち運びして作業ができるので、とても便利です。しかし、テレビ会議・Web会議のような快適なネットワーク環境が必要な場合は、有線LANを使う方がトラブルを起こさずに、円滑に会議を進められるでしょう。ネットワーク環境が重要な場合は、有線LANがおすすめです。

上司を説得してネットワーク環境を改善することも重要

仮にネットワーク環境が悪く、テレビ会議・Web会議に支障があるのであれば、上司に相談・説得して通信環境を改善しましょう。音声や映像が途切れてしまうのであれば、テレビ会議・Web会議を十分使いこなすことはできません。

テレビ会議・Web会議の生命線は、音声と映像です。これらに影響が出ているのであれば、ネットワーク環境を見直して、会議を快適に進める環境作りが大切になります。テレビ会議・Web会議を快適に行いたいなら、時には上司を説得してネットワーク環境を改善してください。

昨今は、Wi-Fi ルーターであっても 300Mbps 程度が標準的で、それ以下の場合はルーターを新しく交換する方がコストパフォーマンスが良いです。