ビジネスチャット、テレビ会議、ファイル共有、スケジュール管理を統合したグループウェア。IP Messenger 互換。

ビジネスチャットは、テレワークを推進するコミュニケーションツール

ビジネスチャットは、テレワークを推進する

近年では、テレワークという言葉を聞く機会が増えました。人材不足やブラック企業などの課題が浮き彫りになり、労働環境は大きな変化を迎えようとしています。そのひとつとして、テレワークを導入する企業が増えているのです。

テクノロジーが年々進化していることで、ITを活用すれば快適な労働環境を手にすることも容易になりました。 テレワークも、最新のコミュニケーションツールであるビジネスチャットを利用することで実現できます。

テレワークを実現したい経営者の方やビジネスチャットに興味がある方は、ぜひご覧ください。

働き方改革によりテレワークのニーズが高まっている

日本政府は、2016年9月に働き方改革実現推進室を設置しました。

働き方改革を進める理由としては、労働人口の減少があります。生産年齢人口と言われる15〜64歳の人工は年々減り続けており、新たな働き手を必要としているのです。そこで高齢者や女性が注目されています。定年後も元気のある高齢者や出産で退職してしまった女性でも、働きやすい環境作りが必要なのです。

その解決策として、テレワークが注目を集めています。

テレワークは、ICTを活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。テレワークを導入することで、育児や介護をしながら在宅で仕事をすることもできます。在宅で仕事ができれば、通勤時間が必要ないので、ストレスも発生しません。労働人口の枠を広げることができる取り組みがテレワークなのです。企業もテレワークを導入することを迫られているのです。

テレワークにおける課題とは

しかし、テレワークにも課題はあります。テレワークの場合、従来よりもマネジメントは難しくなるでしょう。プロジェクトのメンバーや社員が一箇所に集まらないのは、従来では考えにくい働き方です。進捗管理の方法も、社内に集まるのとは勝手が違うので、難しさを感じることもあります。コミュニケーションのズレが生じることは自然なことでしょう。

テレワークは自宅で仕事をするため、勤怠管理が難しいです。通勤時間はないものの、自宅で作業ができてしまうため、業務過多になりストレスを感じやすくなるケースも少なくありません。テレワークを導入するなら、コミュニケーションの課題をクリアして、社員が自宅で快適に働ける環境を作る必要があります。

ビジネスチャットなら、テレワークの課題を解決できる

テレワークを推進するなら、ビジネスチャット の導入がおすすめです。

ビジネスチャットは、チャット形式でコミュニケーションをとれるツール。LINEのように連絡をとれるので、メールよりもストレスが少ないです。気軽にコミュニケーションがとれるため、テレワークでも過重労働にならないように意思の疎通をしやすいでしょう。

プライベートで使うチャットツールと比べて、ビジネスチャットはセキュリティ対策が厳重にされています。自宅にあるパソコンに社内資料を送るのは不安かもしれませんが、ビジネスチャットであれば心配いらないでしょう。ビジネスチャットなら、テレワークの課題を解決できるのです。

テレワークを推進するならビジネスチャットを導入しよう

テレワークを推進するコミュニケーションツールのビジネスチャットについて解説してきました。近年のビジネスシーンにおいて、テレワークはバズワードになっています。IT企業を中心に広がっており、今後も拡大するでしょう。そんなときにコミュニケーションの課題に直面することもありますが、ビジネスチャットが解決してくれるはずです。テレワークを推進するなら、ビジネスチャットを利用してみましょう。