ビジネスチャット、Web会議、ファイル共有、スケジュール管理を統合したグループウェア。IP Messenger 互換。

CAMServer の導入方法

オンプレミス CAMServer の導入方法

ここでは、CAMServer の導入方法から起動後の確認までを説明します。
CAMServer の概要動作環境もご確認ください。

LANモデルとクラウドモデルの違い

CAMServer はデータの保存場所、配信方式に応じて「LANモデル」「クラウドモデル」に分類されます。「LANモデル」は旧来からある CAMServer の機能で、データ配信は各端末が行う Peer to Peer 方式。「クラウドモデル」はChat&Messenger クラウドサービス を、オンプレミス環境(自社内)へ簡単に構築できるようにしたサービスで、それぞれの特長は次の通りです。
※クリックで拡大します
LANモデル クラウドモデル
アカウント作成 アカウント作成不要でユーザ自動認識 CAMServer 上に Email でアカウント作成が必要(詳細
接続方式 データ配信は各端末が行う Peer to Peer 方式 (端末間IPアドレス接続が必要) データ配信は CAMServer を中継する方式 (端末間IPアドレス接続不要)
データ保存場所 データは各端末に保存される データは CAMServer 上で暗号化され保存される。各端末は受信したデータを各端末に保存
スマートフォン
ブラウザ対応
非対応 Android / iPhone / 各種ブラウザに対応
VPNとコスト 拠点数が多い場合でも、拠点同士のIP接続が必要なためネットワーク設計・費用面でデメリットが生じる場合が 拠点数が多い場合でも、CAMServer の拠点と接続出来ていれば良い
利用PCの変更 一時的にユーザ情報が重複される そのまま利用できる
フリーアドレス
利用PCが都度変わる
非推奨。利用したPCでのみデータが保存されるため。 問題無く利用できる
VDI環境
仮想デスクトップ
接続PCが変わると、IDが異なるためユーザが重複される 問題無く利用できる

クラウドモデル専用機能

アカウントを作成しCAMServerへログイン

オンプレミス環境へ構築した CAMServer へアカウントを作成しログインする事で、ブラウザやスマートフォン端末と連携可能になります。 デスクトップ/モバイルクライアントは次の通り、接続先をオンプレミス CAMServer に設定してください。
  • アカウント登録時に Email アドレスが必要になりますが、オンプレミスの場合は Email 認証は行いません
  • 組織に Email が無い場合でも、仮の Email ドメインで登録は可能です。ただし将来的に Email 通知を行う機能拡張を予定しているため、相応しい Email ドメインにしてください

デスクトップ版

次の操作でネットワークタブの表示・非表示が可能です。
ネットワークタブの表示・非表示

ブラウザ版

CAMServer Enterprise ではブラウザ版が利用できます。ブラウザ版はWebアプリ、または標準ブラウザからご利用頂けます。

  • ホスト名でのアクセスはLAN環境の設定に依存するため、まずはIPアドレス (例:https://192.168.1.99/) で疎通確認を行ってください。Web会議はホスト名でアクセスが必要です。IT管理者にホスト名でアクセスできるよう依頼してください。
  • ホスト名ではなく、FQDN(完全修飾ドメイン名)でアクセスする場合は、CAMServer 側の cam.ini ファイルで cam.serverURLDomain にFQDNを指定してください。
    cam.serverURLDomain=CAMServer の完全修飾ドメイン名
    
Webアプリを利用する
インストール・セットアップは Webアプリ版 を参照してください。

標準ブラウザを利用する
標準ブラウザからのアクセスは、WebRTC の制約上 https 接続が必要で、SSL警告を回避して次の通りアクセスが必要です。

■ 警告を回避する場合
※ 一度SSL警告を回避すると、数日アクセスが可能になります。
■ 起動オプションで回避
プロパティから次のオプションを付与します。
"・・・\chrome.exe" --ignore-certificate-errors
対応ブラウザは推奨が Chromeで、Microsoft Edge、Firefoxe をサポート。Internet explorer 非対応。

モバイル版クライアント

  • 接続前にモバイル端末が社内WI-FIに接続されている事を確認してください
  • 正しく接続出来ない場合、ブラウザを使い、アドレスバーに以下アドレスを貼り付け正しくCAMServerに接続できるか確認してください
    http://192.168.1.XXX:8080/CAMServer/getRemoteProperties
    ※ 192.168.1.XXXは CAMServer のアドレスに変更
    

アカウント作成時利用できる Email ドメインを管理者が制御

「ユーザ登録とEmail ドメイン管理」を利用する事で、アカウント作成できる Email ドメインを管理者が制御可能です。オンプレミス環境へ構築した CAMServer ではデフォルトで制限はありませんので管理者がポリシーを決めて設定してください。

管理者によるユーザ追加、変更・削除

管理者がCAMServer上にユーザを追加したり、変更・削除が可能です。
デスクトップ版
ブラウザ版
  • この操作はクライアント側端末から実行します。
  • この機能は 管理者の登録 が完了している必要があります。

インターネット接続ができない場合の通知制限と対策

標準ブラウザの通知機能や Android / iOSの Push通知機能は、ブラウザやOS提供元から通知が送信されるため、インターネット接続ができない環境では通知を受け取る事がきません。
※ブラウザの通知の例
参考:インターネットアクセスが制限された環境ではiOSとAndroidでPush通知が届かない

外部サーバを中継する通知で配信する内容は、AES256bitで強力に暗号化しますが、どうしても外部を中継させたくない場合は標準ブラウザでは無くWebアプリ版を利用し、モバイルは Android を利用し「バックグラウンドモードを有効」を有効にしてください。これにより一切外部を中継する事なく CAMServer からリアルタイムでPush通知を受け取る事ができます。
Android で「バックグラウンドモード有効」にすると「アプリにバックグラウンドでの常時実行を許可しますか?」と問い合わせが行われますが、「許可」を選択してください。

LANモデル専用機能

管理者によるユーザ名、グループ名の変更・削除

管理者がLAN内のユーザの情報(ユーザ名、グループ名)を変更できたり、不要ユーザの削除が可能です。
この機能は、Chat&Messenger / CAMServer 共に 4.05.00 以上が必要です。

CAMServer にパスワードを設定し、セキュリティを高めた運用を行う

CAMServer サーバ接続時にパスワードを要求するよう設定できます。
設定は、CAMServer 側で 「管理」メニュー⇒「クライアント利用制限」を開き、「クライアントはCAMServer接続時パスワードが必要」 にチェックを行い、任意のパスワードを設定してください。

CAMServer でパスワードを設定すると、 初回 CAMServer 接続時、パスワードの要求があります。

CAMServer 上でビデオ・サーバを起動

CAMServer Enterprise では完全オンプレミスでブラウザによる Web会議 がご利用頂けます。ブラウザによる Web会議 は、ビデオ画質を左右する Codec をブラウザベンダー(Googleなど)が開発してくれるため、LAN用ビデオ通話と比べ品質面で大きなアドバンテージがあります。

また、オンプレミスでビデオ・サーバを起動する事で、全ての通信は CAMServer を経由するため、インターネットアクセスが制限されている環境でもWeb会議がご利用できます。

ビデオ・サーバは次の通り設定すると CAMServer の起動に合わせて自動起動します。

  • Enterprise であってもビデオ・サーバを起動しない場合は、弊社サーバ chat-messenger.com にアクセスしますが、連携が複雑になるため Enterprise プランは必ずビデオ・サーバを起動して運用お願いします。
  • Windows firewall を有効にしている環境では、初回だけアクセス許可の確認ありますので、必ず「アクセスを許可する」を選択してください。
    また、その他セキュリティソフトをご利用の場合も必ず以下のプログラムについて、通信を許可してください。
    CAMServer\camserver.exe
    CAMServer\jre\java.exe
    CAMServer\sys\openfire\cam-videoserver.exe
    CAMServer\sys\openfire\plugins\pionturn\classes\win-64\turn-server-log.exe
    
  • ルータを中継する場合は TCP 8080, TCP 443, UDP 3478, UDP 10000 の解放が必要です
  • Web会議が上手く利用できない場合の解決方法 もご確認ください。

(必須) 管理者の登録/管理機能のパスワード登録

管理者の登録方法

起動が完了すると、CAMServer の管理メニュー「管理者の登録」を利用し、管理者ユーザを登録してください。
  • 管理者を登録すると、「30日間の試用期間」、「ライセンス契約期限」、「有効利用ユーザ数」を超えた場合に管理者にその旨メッセンジャーで通知する事が可能です。管理者が不在の場合、ランダムに3ユーザに通知されます。
  • 管理者は、LAN・クラウドモデル、タブ切り替えを行い必要に応じて選択してください。

管理機能のパスワード登録

Chat&Messenger クライアントから、リモートで、CAMServer の管理機能にアクセスする事が出来ます。 管理機能にアクセスする場合パスワードの登録が必要です。

管理者ユーザ用の管理メニュー

CAMServer 側で管理者を設定する事で、管理者ユーザの Chat&Messenger 側に、管理メニューが表示されます。LANモデル管理メニューは、「管理機能のパスワード」認証が必要です。
ToDoの登録

CAMServer の再起動間隔

CAMServer は定期的に再起動を行って頂く事で安定稼働させる事が出来ます。 利用者がいないタイミングで再起動をスケジュールしてください。再起動間隔はPCの物理メモリが低ければ毎週、16GB以上など高ければ毎月などが推奨です。

その際に、通常起動、Windows サービス起動で方法が異なり、 また、Windows のタスクスケジューラを利用する、PCの再起動に合わせる、で対応が異なりますのでそれぞれ説明します。

Windows のタスクスケジューラを利用

Windows のタスクスケジューラについては、設定方法を参考にしてください。

  • 通常起動モード
    プログラムに camserver.exe の場所、インストール先フォルダを指定
  • Windows サービス起動モード
    net stop CAMServerService 、net start CAMServerService コマンドをプログラムに2個指定する
タスクスケジューラの設定が出来たらテスト実行してください。

PCの再起動で CAMServer も再起動

PCの再起動で CAMServer も再起動する場合、通常起動モード、Windows サービス起動モードでそれぞれ以下の点をご確認ください。

  • 通常起動モード
    camserver.exe をPCの起動と同時に起動させるため、スタートアップに登録されている事を確認してください。
  • Windows サービス起動モード
    自動起動が設定されている事を確認してください。

その他

Windows サービスとして実行させる

Windows のサービスとして実行させる事で、CAMServer の自動再起動が可能となります。
詳しくは、CAMServer を Windows サービスとして起動 をご覧ください

CAMServer の syslog をリモートから取得

CAMServer 側のトラブルシューティングの際は、CAMServer の syslog を確認する場合があります。 Chat&Messenger クライアントからは、下記の通り、[CAMServer のシステムログ] で取得可能です。また自社で解決に至らない場合は弊社に送付して頂く事で調査する事が可能です。
CAMServer の管理メニューを表示させるには、管理者の登録(必須) が必要です。