ビジネスチャット、テレビ会議、ファイル共有、スケジュール管理を統合したグループウェア。IP Messenger 互換。

CAMServer のダウンロード・インストール方法

CAMServer ダウンロード

※ お問い合わせで、CAMServer ダウンロードが必要とお伝えください。

動作環境・インストール前の確認

CAMServer を設置する PC は、以下の要件を確認し選んでください。

  • CAMServer はシェアウェアで、試用期間(60日) 以降は ライセンス が必要です。
  • 試用期間中 CAMServer は一台の PC にしか配置できません。
  • CAMServer と Chat&Messenger を両方起動する事はできませんので、CAMServer を設置するPCは利用者がいないPCを選んでください。
  • DHCPによるIPアドレスの変更が行われないパソコンに設置してください。
    ※ DHCP環境で、CAMServer の端末のみIPアドレスを固定化する場合は、「プライベートIPアドレス固定方法」等で検索してみてください。
  • 必要スペック
    OS : Windows7 / Windows10 / Windows Server2008 以上
    メモリ : 4G 以上
    CPU : 200 ユーザ以上などは Core i7 以上などハイスペック推奨

インストール方法

インストール

ダウンロードした camserver_setup.zip を解凍し、次の通りインストーラーを実行してください。
インストール後のフォルダ構成は次のようになります。
  CAMServer
   ├─sys      ・・・システム関係のフォルダ
   ├─win_service ・・・ Windows サービス用スクリプト
   ├─camserver.exe ・・・実行ファイル
   └─readme.txt   ・・・readme.txtファイルです。

起動後の確認

CAMServer を起動すると、ソフトウェアのタイトル、ユーザ名が CAMServer で起動されます。
また、CAMServer と同じネットワーク内にいる Chat&Messenger は CAMServer を自動認識し、左上のユーザリストに CAMServer のアイコンが表示されます。

スタートアップへ登録

CAMServer をPCの起動と同時に、起動させる場合はスタートアップへ登録してください。
スタートアップの登録は[ファイル]メニュー ⇒ [スタートアップに登録]を実行します。
CAMServer を Windows サービスとして起動 させる場合は、サービスの自動起動と、スタートアップへの登録が重複し、2重で起動する事が無いようにしてください。

CAMServer 更新履歴