ビジネスチャット、Web会議、ファイル共有、スケジュール管理を統合したグループウェア。IP Messenger 互換。

CAMServer の動作環境・インストール方法

CAMServer ダウンロードの申し込み

※ 既存のお客様のバージョンアップは お問い合わせ から。

動作環境・インストール前の確認

CAMServer は試用期間以降、 有料ライセンス が必要です。CAMServer の動作環境は次の通りです。

  • 対応OS
     Windows・WindowsServer / Mac / Linux
    • 対応OSバージョンはOSサポート期間に準拠
    • VMWare などの仮想サーバ上でも稼働できます
    • AWS/GCP/Azure など自社で契約しているクラウド環境に構築可能です
    • CAMServer 自体にWebサーバを内蔵(port443, 8080)しているため、他のWebサーバと同居できません
  • 最低スペック
     CPU : OSが快適に動くもの(目安4コア以上)
     メモリ : 8G 以上
     ディスク : 512GB以上

  • 固定のプライベートIPアドレスを割り当ててください(DHCPによるIPアドレスの変更はNG)。
    ※ DHCP環境で、CAMServer の端末のみIPアドレスを固定化する場合は、「プライベートIPアドレス固定方法」等で検索してみてください。

インストール方法

インストール

ダウンロードした camserver_setup を使い次の通りインストールしてください。
Windows版
Mac版
インストール後のフォルダ構成は次のようになります。
  CAMServer
   ├─sys      ・・・システム関係のフォルダ
   ├─win_service ・・・ Windows サービス用スクリプト
   ├─camserver.exe ・・・実行ファイル
   └─readme.txt   ・・・readme.txtファイルです。

起動後の確認

CAMServer を起動すると、ソフトウェアのタイトル、ユーザ名が CAMServer で起動されます。
また、CAMServer と同じネットワーク内にいる Chat&Messenger は CAMServer を自動認識し、左上のユーザリストに CAMServer のアイコンが表示されます。

OS起動時にCAMServer を起動

CAMServer をPCの起動と同時に、起動させる方法は次の通りです。

Windows版

スタートアップの登録は[ファイル]メニュー ⇒ [スタートアップに登録]を実行します。
CAMServer を Windows サービスとして起動 させる場合は、サービスの自動起動と、スタートアップへの登録が重複し、2重で起動する事が無いようにしてください。

Mac版

「ログイン時に開く」にチェックすると、Mac 起動と同時に camserver を起動させる事ができます。