ビジネスチャット、Web会議、ファイル共有、スケジュール管理を統合したグループウェア。IP Messenger 互換。

【ブラウザ・Webアプリ版】スケジュール予約、Web会議連携を使いやすく

2021年11月23日

  • メッセージリンク機能
    メッセージリンクを作成しチャットで送る事で、過去のやり取りをリンクで指定し簡単にプレビューができるようになりました。

2021年11月11日

  • スケジュール予約、Web会議連携を使いやすく
    スケジュール登録の際に「Web会議」を有効化すると、指定時間前にメンバー全員に通知が表示され、Web会議参加状況が分かるようになりました。
    これにより、チャット内で空き時間を探してスケジュール予約、指定時間に全員がさっとWeb会議に参加できます。
  • メッセージスレッド周りのバグ修正
  • 最近のバージョンで、オンプレミス CAMServer クイックWeb会議のライセンス数(ID最大同時接続数)について、再起動までリセットされずライセンス超過で停止してしまうバグ対応。再起動後はリセットされ問題無く利用できるが、起動間隔が長い場合は CAMServer アップデート推奨。
  • オンプレミス CAMServer のクラウドモデルでも、ライセンス期限切れなどで管理者に通知ができるように。システムユーザより通知されるためデスクトップ版クライアントをご利用の場合は、デスクトップ版も最新へアップデートが必要。

2021年10月31日

  • Active Directory 連携で LDAP 認証のIDで大文字・小文字を区別しないように
  • Webアプリで、PCスリープからの復帰で再接続するように
  • Webアプリで、クイックWeb会議URLが初期接続URLとして設定される不具合対応
  • ブラウザ・Webアプリでネットワークオフラインの検出、サーバへの接続問題を検出し適切にアラートできるように

2021年10月19日

  • オンプレミスCAMServer で Active Directory 連携が可能に
    オンプレミスCAMServer Enterprise において、Active Directory 連携が可能になりました。これによりID認証がとてもセキュアで手軽になります。詳細は Active Directory 連携を参照してください。
  • CSVからユーザを一括登録可能に
  • 管理者がユーザを新規登録した場合に「次回ログイン時パスワード変更を要求」できるように
  • 機能制限で通話可能なユーザ、グループを指定可能に
  • 通話状態のユーザステータスが分かるように
  • チャットルームにフォルダ設定し階層化表示可能に、その他チャット周りで細かな改善多数

2021年9月20日

  • ユーザ管理から管理者がパスワード変更可能に
    パスワードを5回以上間違えるとロックされ、アカウントロックされ1時間経過するまで再ログインできなくなります。管理者ユーザがパスワード変更を行う事でロック解除も行えるようになりました。
  • モバイル版で通話時の着信音を分かりやすく改善

2021年9月3日

  • Webアプリ版のパフォーマンス改善
    Webアプリ版の起動速度や、Web会議参加時の速度改善を行いました。また通話終了ボタン押下後は Web会議のウィンドウを自動で閉じるように考慮しました。反映にはWebアプリと、オンプレミスの場合 CAMServer のバージョンアップが必要です。

2021年8月20日

  • ログ検索
    トーク検索を行うとインクリメンタルサーチで素早く目的のメッセージを検索できますが、詳細検索を行う事で、サーバに保存されている全ての期間のデータも含め検索する事ができます。
  • チャット・文書・スケジュール連携強化
    文書・スケジュールを更新した際に、チャット内でインライン表示が可能になりました。チャット上から文書の表示、スケジュールの参加、辞退などの操作がクイックに実行できます。
  • 不在設定が出来るように
    不在モードの開始は、自分自身のプロフィールを開き「不在」を有効化してください。

    ステータスを設定する事でユーザ名の右側に任意の状態を表示させる事ができます。
  • 文書・スケジュールの機能制限ができるように
    文書・スケジュールを使わない場合は、機能制限で表示をoffにする事ができるようになりました。
  • その他ブラウザ版のパフォーマンス改善やバグFix多数

2021年7月17日

  • デスクトップ版からWeb会議連携する際に、ページが表示されない場合がある問題対応。解消には Webアプリ版 のバージョンアップが必要。
    オンプレミス環境でWeb会議を利用し、SSL警告を出さないようにするには、Webアプリ版 をインストールする必要があります。
  • ブラウザ版で不在設定が出来るように
  • ブラウザ版で表示優先順位設定が出来るように