ビジネスチャット、Web会議、ファイル共有、スケジュール管理を統合したグループウェア。IP Messenger 互換。

Web会議の使い方

はじめに

デスクトップ版、ブラウザ版共にシームレスにWeb会議と連携できます。クラウド・オンプレミス利用お客様の環境に応じて次の方法で利用してください。

タイルビュー / スピーカービューの切り替え

タイルビュー / スピーカービューを切り替える事で用途に応じてWeb会議を使い分ける事ができます。それぞれのビューの特長は以下参照してください。

Web会議の始め方

チャットを作成してWeb会議

メッセンジャーグループ、またはチャットルームを作成すると、簡単に複数人でWeb会議が可能になります。
トークからの通話の場合、通話状況が表示され、後からでも簡単に会議に参加できます。

スケジュール登録してWeb会議

スケジュール登録すると自動でWeb会議が作成され、ビデオアイコンから全員が同じWeb会議に参加できます。

クイックWeb会議

アカウント登録不要でクイックに参加できるWeb会議を行う事ができます。Web会議URLは有効期限、パスワードを設定しセキュリティを高める事ができます。
デスクトップ版
ブラウザ版
  • オンプレミスEnterprise、クラウドStandard 以上のライセンスでご利用できる
  • 上記以外のプラン(オンプレミス Standard、フリー版など)はお試し利用可能
  • お試し利用の場合、弊社サーバーを中継したWeb会議に

デスクトップ版クライアントから連携する

CAMServerのLANモデル / クラウドモデル、それぞれで連携方法が異なります。

LANモデル

拡張機能から「Web会議メニューを追加」を選択します。

クラウドモデル

CAMServerのクラウドモデルにログインする必要があります。またクラウドモデルは「音声通話」、「ビデオ通話」が標準で Web会議に置き換わります。

画面共有方法

動画レコードディング方法

Web会議の動画レコードディングは、Webアプリ、ブラウザ版それぞれ次の方法でご利用できます。
Webアプリ版
ブラウザ版
  • Webアプリ版 の方が簡単な操作で動画レコードディングが可能で、またWeb会議画面だけの録画が可能です(タスクバーなど余計なものが映らない)。
  • 生成される webm ファイルは、ブラウザ(Chrome / Edge)で開く事で再生できます。拡張子を関連付けておくと便利です。

解像度、フレームレートの調整

解像度、フレームレートはネットワーク帯域幅により自動で調整されますが、管理者ユーザはWeb会議の基準「解像度」、「フレームレート」を設定する事ができます。これにより、ネットワーク全体で帯域幅に余裕があっても参加人数に応じて強制的に低解像度を下げ、ネットワーク全体を節約する事ができます。
  • 解像度・・・Webカメラの画質です。下げると負荷を軽減できます。720p は「スピーカーView」の場合だけ適用されます。
  • 低解像度の強制・・・指定のユーザ数以上で強制的に低解像度に落とす事でネットワークトラフィックを削減する事ができます。例えば2ユーザは720pHD画質で綺麗に表示させつつ、複数人では負荷を軽減する事が可能です。
  • フレームレート・・・1秒間で何枚の画像を送信するかを示す単位のことです。下げると負荷を軽減できます。

上手く利用できない場合の解決方法

Web会議が上手く利用できない場合、以下を参照してください。