ビジネスチャット、テレビ会議、ファイル共有、スケジュール管理を統合したグループウェア。IP Messenger 互換。

働き方改革にテレビ会議、Web会議、ビデオ通話を使おう

働き方改革にテレビ会議、Web会議、ビデオ通話を使おう

この記事では、働き方改革に最適なツールであるテレビ会議、Web会議、ビデオ通話について紹介します。

私たちの生活に働き方改革という言葉が登場してから、2年以上が経過しました。近年の日本の労働環境は、徐々に変化しています。終身雇用が崩壊し、女性の社会進出が促されているのです。一億総活躍社会を実現するためにも、従来の働き方から時代に即した働き方に変わりつつあるのが、現在の労働環境と言えるでしょう。

そんな働き方改革に打って付けのツールが、テレビ会議とWeb会議です。会社にいなくても、テレビやパソコンがあるだけで会議に参加できます。時代の変化に則したテレビ会議やWeb会議について解説します。

働き方改革とは

近年聞くことが多くなった働き方改革とは、何なのでしょうか?2016年9月、安倍首相が内閣官房に働き方改革実現推進室を設置しました。この働き方改革は、一億総活躍社会を実現するための取り組みです。

日本は少子高齢化が進み、多くの高齢者を少ない働く世代で支えなければなりません。だからこそ、多様な働き方を認めて、働く世代である中間層を厚くし、格差が生まれないような社会づくり、労働環境づくりが求められています。現在働いている人たちがさらに働きやすくなり、働いていない人たちが働ける労働環境をつくることが、働き方改革なのです。

働き方は変わる

テレビ会議、Web会議、ビデオ通話は、遠隔会議のツールです。従来の働き方であれば、会社の会議室に集まり、会議をするのがスタンダードでした。しかし、遠隔地から会議に参加できるテレビ会議とWeb会議があれば、会社に足を運ぶ必要はないのです。これらを導入することで実現できる、2つの働き方改革を紹介します。

さまざまな勤務体系に対応している

ひとつ目は、個人個人に合わせた勤務体系に対応できることです。働き方改革が推進され、フレックスタイム制やリモートワーク(在宅勤務)、時短勤務などが導入されています。従来と比べて、多様な働き方が認められるようになったことで、チームメンバーが全員同じ場所に集まることが難しくなりました。

Web会議を使用すれば、会社に出社しなくても、円滑にコミュニケーションをとれます。ストレスなく会話ができるので、さまざまな働き方をしている社員と仕事を進めやすいのです。社員の多様な働き方を認めることで、私生活の変化があった場合でも、勤続してもらいやすくなります。

テレビ会議とWeb会議を導入することで、さまざまな勤務体系に対応し、会社に定着してもらいやすくなるのです。

人数や拠点に左右されずに、同じ環境を提供できる

会社に出社している人とリモートワークをしている人では、社員に向けたサービスの受け取り方に差が出てしまいます。社員向けのセミナーを開催しても、リモートワークをしている社員は内容を聞けません。テレビ会議やWeb会議を導入していれば、セミナーを遠隔から参加してもらえます。

働き方改革ははじまったばかりで、まだまだリモートワークをする社員の環境づくりには課題が残されています。しかし、テレビ会議やWeb会議を使えば、リモートワークをしている社員にも出社している社員と同等の環境を提供できるのです。テレビ会議とWeb会議があれば、働き方は大きく変わるでしょう。

グループウェアを使えば、テレビ会議・Web会議も利用できる

テレビ会議やWeb会議を導入するには、どうすればいいのでしょうか?これらの遠隔会議の機能を使いたいなら、グループウェアを導入するのがおすすめです。グループウェアには、メッセージやカレンダー、ワークフローなど、業務を効率化するためのさまざまな機能が備わっています。多彩な機能のひとつにテレビ会議とWeb会議が備わっている製品もあるのです。

グループウェアに備わっている遠隔会議機能は、厳密に言うとWeb会議機能のみです。テレビ会議機能には、テレビモニターが必要になります。遠隔会議にパソコンとインターネット環境のみが必要な場合は、Web会議と呼ばれているのです。グループウェアの場合は、パソコンとインターネット環境があれば、遠隔会議に参加できます。テレビ会議の方が浸透している言葉ということもあり、記載されていることもありますが、実際はWeb会議なので間違えないようにしましょう。

働き方改革に適したグループウェアでテレビ会議を試してみよう

働き方改革に最適なツールであるテレビ会議やWeb会議について解説してきました。テレビ会議とWeb会議は、多様な働き方が認められる現代に合っているコミュニケーションツールです。グループウェアを使ってテレビ会議やWeb会議を導入すれば、さまざまな機能を使い、業務効率化を実現できるでしょう。働き方改革を目指すなら、テレビ会議やWeb会議の導入を検討するのがおすすめです。