ビジネスチャット、テレビ会議、ファイル共有、スケジュール管理を統合したグループウェア。IP Messenger 互換。

社内SNSとグループウェアの違いとは?

社内SNSとグループウェアの違いとは?

社内の業務効率化やコミュニケーションの促進のために、ツールを活用する企業が多いです。そんなときに選ばれることが多いのが社内SNSとグループウェア。すでに導入している企業は多いものの、未導入の企業や担当者は社内SNSとグループウェアの違いを知る人は少ないです。そこで、ここからは社内SNSとグループウェアがそれぞれ持つ有用性や役割について解説していきます。コミュニケーションツールの違いを知りたい方や業務効率化を目指している方は、ぜひご覧ください。

社内SNSの有用性と役割

まずは、社内SNSの有用性について紹介します。社内SNSには、下記の3つの特徴があります。

  • 気軽なチャット形式でのコミュニケーション
  • いいね!などの手軽な返信やリアクションが可能
  • タイムラインで時系列に過去のやり取りを振り返ることができる

社内SNSでは、チャット形式で気軽なコミュニケーションがとれます。社内のやり取りでメールを使うのは煩わしいですが、いいね!などのリアクションはとても手軽です。社内SNSを使うことで、部署や役職を問わずにコミュニケーションは活発になるでしょう。社内SNSが担う役割として特徴的なのが、名前からも分かる通り社内に限定していることです。社内SNSでは外部のメンバーを入れることはできません。あくまで社内のコミュニケーションを推進し、活性化するのが社内SNSです。

グループウェアの有用性と役割

一方でグループウェアには、どのような有用性があるのでしょうか?グループウェアの代表的な特徴は、下記の3つです。

  • 業務効率化を実現するために多機能を搭載
  • 社内外のメンバーが利用できる
  • グループウェアだけで、ビジネスに必要なほぼ全ての機能をまかなえる

グループウェアは、業務を効率化するためのツールです。そのため、ファイル共有やプロジェクト管理をはじめ、さまざまな機能を搭載しています。グループウェアがあるだけで、ビジネスシーンに必要なほぼ全ての機能を網羅できるのです。現代には、業務を効率化してくれる便利なツールは、数多くあります。しかし、まとまりなくさまざまなツールを活用していれば、逆に非効率になってしまうこともあるでしょう。

グループウェアなら全ての機能がまとまっているため、効率的にツールを使いこなせます。多くの企業が課題にしている業務効率化を実現するために、必要不可欠な存在です。

グループウェアとの違いは機能の幅広さ

社内SNSとグループウェアの違いには、どのようなことがあるでしょうか?最大の違いは、機能の幅広さです。ここまで紹介してきたように、社内SNSは社内専用のコミュニケーションツールになっています。ツールの活動領域は、限定的です。グループウェアの場合は、業務効率化という目的に沿った機能が数多く搭載されています。20以上の機能が使えるグループウェアも珍しくなく、さまざまな役割を持つツールが使えるのです。

自社のニーズに合わせて、導入するツールを変えるべき

社内SNSとグループウェアの違いについて解説していきました。社内のコミュニケーションのみを活性化したいなら、社内SNSが有効でしょう。しかし、社内SNSでできることの多くは、グループウェアでもできます。しかし、グループウェアのような多機能のツールを導入したことで、社内が混乱する可能性も否定できません。だからこそ、自社の課題や求めているツールについて知る必要があります。自社のニーズを明確にして、課題解決に一番近いツールを導入してください。