ビジネスチャット、テレビ会議、ファイル共有、スケジュール管理を統合したグループウェア。IP Messenger 互換。

Web会議・ビデオ通話で実現可能になるペーパーレス会議のメリットとは?

この記事では、Web会議やビデオ会議をすることで実現可能になるペーパーレス会議のメリットについて紹介します。

ビジネスパーソンにとって、会議は付き物です。会議の数だけ消耗してしまうという方も少なくないでしょう。資料を印刷し、会議の準備をするだけでも一苦労です。

Web会議やビデオ会議システムを使えば、そんな手間を減らすことができます。ペーパーレス会議を実現させたい方や会議でストレスが溜まっている方は、ぜひご覧ください。

ペーパーレス会議は、時代のニーズにマッチした手法

Web会議システムは、遠方の支店やプロジェクトメンバーと会議をするために欠かせないツールになっています。サービスは多機能になっており、ペーパーレスでWeb会議ができるようになってきたのです。

Web会議システムを利用する場合は、ファイル共有機能を用いて、それぞれの拠点と情報共有をしながら会議を進行します。資料はモニターやプロジェクターで投影されているため、印刷の必要がありません。

必要があれば、タブレットやスマートフォンなどにダウンロードすれば、手元の端末で資料が確認できます。わざわざ専用のペーパーレス化システムを導入する事なく、Web会議システムを活用するだけでペーパーレス会議が実現できるのです。

迅速な変化や行動、そして経費削減が求められている現代のビジネスシーンにおいて、ペーパーレス会議は重要です。それを実現するために必要なのが、Web会議システムと言えます。


ペーパーレス会議のメリット

ペーパーレス会議には、多くのメリットがあります。会議をペーパーレス化するだけで、業務効率に大きな変化を与えることができるのです。ここでは、そのなかでも代表的な3つのメリットについて紹介していきます。

資料を準備するために必要な業務の負荷軽減

会議で資料を配るためには、大量の書類を印刷する必要があります。また、ホッチキスやクリップで留めたり書類を整えたりする必要があり、多くの手間が発生します。ペーパーレス化が実現すれば、会議のために割いてきた手間を省くことができて業務負荷を軽減できるでしょう。

印刷代や紙代などのコストを削減可能

会議のために資料を準備すれば、その分印刷代や紙代のコストが必要になります。ペーパーレス化を実現することで、これらのコストを削減できるのです。

1回コストを削減するだけでは大して効果はありませんが、数年続けることにより大きな経費削減が可能になります。資料のファイリングも必要なくなるため、保管代やストレージスペースの削減が実現できるのです。

会議直前の資料修正やデータ差し替えが可能

紙を印刷して会議で配る必要がある場合、印刷時間を確保しなければならないため、会議直前の修正が難しいです。

しかし、会議をペーパーレス化していれば、直前まで修正や差し替えが可能なので、万全の状態で会議を開催できます。ペーパーレス会議は、時間の削減と資料のミスを減らせる手法なのです。

Web会議とビデオ会議でペーパーレス会議が実現

Web会議やビデオ会議をすることで実現可能になるペーパーレス会議のメリットについて紹介してきました。

会議をペーパーレス化するだけで、業務の効率が上がり経費の削減に繋がります。ペーパーレス会議を実現するなら、Web会議やビデオ会議を導入するだけで、他のシステムを導入する必要はありません。手元の端末も活用することで、よりスマートに会議を行えるでしょう。距離に関係なく、コスト削減をしながら直前まで資料の調整をして会議を行えます。

ペーパーレス会議の導入を検討しているなら、Web会議やビデオ会議を試しに使ってみましょう。