ビジネスチャット、テレビ会議、ファイル共有、スケジュール管理を統合したグループウェア。IP Messenger 互換。

グループウェアでナレッジ共有を促進しよう

社内にノウハウを蓄積する!ナレッジ共有が大切な理由

日々の仕事では、社員の一人ひとりがノウハウやナレッジを身につけます。個人で経験を活かすことは重要ですが、そのノウハウやナレッジを社内全体で共有すれば、大きな影響を与えられるでしょう。事業の拡大や売上の増加に繋がることも、珍しくありません。そこでナレッジの共有が大切な理由を紹介していきます。社内でノウハウの蓄積の仕方に困っている方やナレッジ共有が上手くできていない方は、参考にしてください。

ナレッジ共有とは

ナレッジの共有とはどのようなことなのか、まずはその意味から紹介していきます。ナレッジ共有とは、ノウハウや知識を個人で利用するのではなく、組織で働いているスタッフ全体で共有することです。組織全体でナレッジを活用することにより、多くのメリットを享受するために行います。

ナレッジ共有が必要な理由

ナレッジは直訳すると「知識」という意味になりますが、それだけではありません。業務におけるテクニックや経験、実用的な知見など幅広いことが適応されます。良質なナレッジを持っていたとしても、個人が活かすには限界があるでしょう。組織内でナレッジ共有を進めることによって、情報をより活かせるようになるのです。無駄な業務を減らすことができて、仕事の効率化にも繋がります。だからこそ、ナレッジを共有することは大切なのです。

働き方改革が求められている現在のビジネスシーンでは、社内のナレッジ共有の促進は欠かせません。業務の生産性を向上させて残業時間を減らすには、テクニックや経験をお互いに共有して、効率的な仕事をする必要があるのです。組織のなかで上位20%の社員が、80%の成果を収めていると言われています。この上位20%が日々の業務で活用しているナレッジを社内に共有することで、組織全体の底上げができるのです。ナレッジを共有した社員も、他の社員が効率的に業務を行うことで、結果的に楽ができるでしょう。会社内での成果の構成は変わらなかったとしても、効率的に仕事をすることで売上は大きく向上し、業績が上がるのです。

このように、ナレッジを共有することには、大きなメリットがあるのです。個人でナレッジを独占せずに組織で共有すれば、社員と会社の双方にいい影響を与えられるでしょう。

ナレッジ共有するためのツール

では、ナレッジを共有するためには、どのようなツールを使うべきなのでしょうか?ズバリ、おすすめするツールは、グループウェアです。グループウェアは、業務を効率化するためのツール。さまざまな機能が搭載されているグループウェアですが、ナレッジ共有機能がある製品も販売されています。グループウェアには、掲示板や議事録、ファイル共有やプロジェクト管理、レポートなど、情報を共有できる機能はいくつもあるのです。これらの機能を使えば、ナレッジ共有は簡単にできるでしょう。

グループウェアは、ナレッジ共有機能だけでなく、さまざまなツールが搭載されているので、いくつものメリットがあります。ナレッジ共有以外のツールも搭載されているグループウェアは、業務を効率化するためにも導入を検討する価値がある製品です。

グループウェアでナレッジ共有を促進する

社内でナレッジ共有をすることが大切な理由について解説してきました。社内でナレッジを共有することで、社員が業務を楽にこなせるようになり、会社の業績も上がったりするでしょう。グループウェアを導入してナレッジ共有ができる環境を作ることで、多くのメリットを実感できるはずです。ナレッジ共有を促進するために、グループウェアの導入を検討してみましょう。

無料でナレッジ共有できるグループウェアを導入しよう