ビジネスチャット、テレビ会議、ファイル共有、スケジュール管理を統合したグループウェア。IP Messenger 互換。

AI(人工知能)でビジネスチャットはどのように変わるのか?

AI(人工知能)でビジネスチャットはどのように変わるのか?

ビジネスチャット は、昨今のビジネスで欠かせないツールになっています。メールよりも便利なコミュニケーションツールとして浸透しており、ITリテラシーの高い企業を中心に人気です。そんなビジネスチャットは日々進化しており、最近のトレンドワードになっているAIも搭載されようとしています。AIが搭載されることにより、ビジネスチャットはどのように変わるのでしょうか?ここから詳しく解説します。ビジネスチャットを使っている方や今後のコミュニケーションツールの流れについて知りたい方は、参考にしてください。

ビジネスチャットの現状

ビジネスチャットの市場規模は、年々拡大しています。2017年に34億6000万円だった売上金額は、2020年に100億円規模になると予測されているのです。これだけ市場規模が拡大しているのは、コミュニケーションツールとして優れているからと言えるでしょう。2017年の統計では、ビジネスチャットを全社で導入している企業が12.1%、一部で導入している企業が16%となっており、今後も増え続けることが予測されています。

ビジネスチャットツールの市場規模、導入状況まとめ

ビジネスチャットは、メールよりも手軽にコミュニケーションがとれるツールです。変化の多いビジネスシーンでは、迅速な意思決定は不可欠。スピーディなコミュニケーションが可能になるビジネスチャットは、時代にマッチしたツールなのです。コミュニケーションをとるだけでなく、プロジェクト管理やファイル共有などの幅広い業務にも対応しています。ビジネスチャットは重要なツールとして、多くの企業を支えているのです。

ビジネスチャットはAIにより変化を迎えている

ビジネスチャットは、AIを組み込まれることにより、さらに業務を効率化できる便利なツールになろうとしています。その代表的な例がチャットボットです。自動で返信してくれるチャットボットとチャットをすることにより、簡易的な業務申請などを済ませることができるのです。AIが搭載されたビジネスチャットを使えば、業務システムを立ち上げる必要もなくなり、効率的な業務が可能になります。AIが組み込まれたビジネスチャットができることは、現在は限定的です。しかし、多くの可能性に溢れていると言えるでしょう。

AIが搭載されたビジネスチャットができるようになること

AIが搭載されたビジネスチャットは、今後どのようなことができるようになるのでしょうか?AIが搭載されたビジネスチャットとコミュニケーションをとるだけで、健康管理やストレス管理、離職する可能性が高い社員の発見など、さまざまなことができるようになると言われています。ビジネスチャットでの行動からどの程度仕事をしているか把握して、ストレスや重労働になっていないかを把握するのです。また、仕事における得意分野や会社への不満から離職する可能性を見つけることができるようになるとも言われています。離職防止や適切な人材の配置転換がAIにより可能になれば、ビジネスチャットの有用性はより広がるでしょう。ビジネスチャットはAIが組み込まれることで、コミュニケーションツールとしてだけでなく、より幅広い分野で活躍することになるはずです。

AIによりビジネスチャットはさらに便利になる

AI(人工知能)でビジネスチャットはどのように変わるのかについて解説してきました。ビジネスチャットは、快適なコミュニケーションツールとして、市場規模を拡大し続けています。AIが組み込まれれば、コミュニケーションツールに限定されず、ストレス管理や離職防止など、幅広い分野で活躍する可能性があるのです。ビジネスチャットの進歩から目が離せません。

無料でビジネスチャットツールを導入してみよう