ビジネスチャット、テレビ会議、ファイル共有、スケジュール管理を統合したグループウェア。IP Messenger 互換。

コミュニケーションを変える?ビジネスチャットの導入効果とは

従来のコミュニケーションを変えるビジネスチャット

ビジネスチャット は従来のコミュニケーションを大きく変える力があるツールで、導入する企業は年々増えています。

ビジネスチャットツールの市場規模、導入状況まとめ

しかし、導入前の企業にとってはどのようなメリットがあるのか、分かりづらい場合がありますので、この記事では得られるメリットについて解説していきます。社内コミュニケーションを改善したい方やビジネスチャットの導入を検討している方は、参考にしてください。

メールよりも楽にコミュニケーションがとれる

従来のビジネスシーンで利用されることが多いツールは、メールでした。メールは毎回文章を間違えずに送らなければいけないため、ストレスになります。メールを送るのに想像以上の時間がかかってしまった経験は誰でもあるでしょう。また、メールの冒頭には「〜様、いつもお世話になっております。〜株式会社の〜です」などと打たなければなりません。無意味な冒頭の定型文に時間をとられてしまうことも珍しくないでしょう。

ビジネスチャットなら、上記のような煩わしさを感じることはありません。一度送ったメッセージでも編集が可能なので、誤送信をしても修正できるので安心です。また、チャット形式でメッセージをやり取りするので、形式的な挨拶は不要。メールよりも楽にコミュニケーションをとれます。

プロジェクトを管理しやすくなる

ビジネスチャットを導入することで、プロジェクトを管理することも容易になります。プロジェクトを進めるには、情報や資料の共有は不可欠になります。ビジネスチャットは、メッセージに資料を添付することも簡単にできるため、ファイル共有でのストレスを減らせるでしょう。

また、チャット形式で過去のやり取りを表示できるため、プロジェクトリーダは、自分のタイミングが良い時に進捗具合を把握できるのです。

ビジネスチャットは、スレッド(ルーム)を作り、プロジェクトの関係者だけを集められます。緊急性の高い連絡も、一斉に配信できるので情報共有しやすいです。ビジネスチャットはITリテラシーが低い人でも使いやすいように作られているので、未経験者にも優しいツールになっています。

プライベートと区別しながら、ビジネスでも気軽にチャットができる

チャット形式のツールと言えば、LINE や Facebook を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、プライベートで使っている SNS を仕事でも使うのに抵抗がある人は多いです。そんなときに打って付けなのが、ビジネスに特価したビジネスチャットです。

ビジネスチャットは、チャットの利便性や手軽がそのままで、ビジネス現場でもコミュニケーションが簡略化できる点が受け入れられて、ニーズが高まってきているのです。

プライベートと仕事を区別したい人は少なくありません。だからこそ、その気持ちに配慮したツールの導入が会社にも求められているのです。ビジネスチャットは、社員の満足度を上げるツールとしても活躍するでしょう。

無料でビジネスチャットを導入してみよう

まとめ

ビジネスチャットを導入するメリットについて解説してきました。コミュニケーションのとり方は、いつの時代でも課題になっています。従来のメールに変わり、ビジネスチャットが浸透しつつあり、これからより多くの企業が導入していくでしょう。

ビジネスチャットは、コミュニケーションの改善だけでなく、プロジェクトの管理方法にも好影響を与えるツールです。社内のコミュニケーションの改善を図るなら、ビジネスチャットの導入を検討してください