ビジネスチャット、ビデオ通話、文書管理、スケジュールを統合。IP Messenger 互換。基本無料!

英語版リリース、その他改善に注力した大幅アップデート v3.10.20

【 新機能 】
  • 同一バイナリで英語インターフェイスに切替可能に
    • OSのロケール環境変数を元に、インストール段階で日本語か英語を自動選択(現状日本以外は英語が選択される)
    • インストール後変更したい場合は、Chat&Messenger 設定メニューから直ぐに切り替え可能
    • 日付フォーマットやエラーメッセージ含め細かい範囲も英語翻訳している
    • 今後中国・韓国など、アジア地域も段階的にグローバル展開予定
【 改 善 】
  • ユーザ数が多い環境でのリソース節約
    • Javaヒープ不足による OutOfMemoryError の抜本的解消
    • 通信周りや、UI遅延更新系で無駄に Thread 生成していた箇所を、ThreadPool方式で実行し、物理メモリ空き不足で発生する unable to create new native thread を解消
    • ThreadPool で必要最低限の並列実行数を先に確保し、他のアプリがメモリを浪費しても影響を受けないように
    • 端末の物理メモリ容量や、空き容量に応じてメモリ上にキャッシュする量を調整
    • 空きメモリが少ない端末は、通知した上で過去ログ取り込みを1日に(空きを増やせば過去分も取り込める)
    • OS物理メモリの空きが少ない事で生じる不具合の切り分けのため、「ヘルプ」→「情報」で物理メモリの合計と使用量を表示するように
    • チャットルームの同期処理に関する負荷軽減 (※ v3.10.14 以上のユーザ同士は合理的に更新を検出して最小限の通信で同期するように )
  • インストーラーを刷新し、インストール時にUAC昇格、管理者権限、レジストリ登録不要とした。 これにより、
    • インストールするユーザが、更新権限の無い場所へ意図せずインストール出来ないように
    • ユーザを困惑させる UAC 昇格時の通知 「この不明な発行元からの…」 を出さないように
      uac_dialog.jpg ※もちろんコードサイニング証明書を適用すれば良いのだが、UAC昇格出来ないユーザでも Chat&Messenger をインストール出来る事を優先した
    • ユーザインストールで初回起動時だけドラッグ&ドロップでのファイル添付が出来ない不都合解消
    • 圧縮効率を上げ、TV会議系ライブラリを含めるように ※以前は拡張機能を有効化した際にライブラリをダウンロードしていた
  • 誤って Windows ファイアウォールでブロックされてしまった状態を自動検出。またWindows ファイアウォールはインストール時自動設定するが、zip 版を使ったり、Chat&Messenger のフォルダを移動した場合、再度 Windows ファイアウォールが通知される。この時誤ってスコープを「パブリック」にすると余計セキュリティを低下させるので、Chat&Messenger 側での自動設定を徹底した
  • メッセージ欄のアイコン見やすさいくつか改善
  • クイックメッセージを追加した後、動的にポップアップルメニューに追加されない不具合修正
  • CAMServer 上の会議室・施設登録の際に既存の変更に対応
  • 開封確認通知の見やすさ改善
  • オフラインユーザ送信時のメッセージ保管ダイアログを開く際に、保存メッセージが適切に表示されていない不具合解消
  • 32bit jpeg 画像など、サポートし難い画像を添付した際に、元のファイルを削除していた不都合解消。添付ファイルの送受信は出来るように考慮した
  • TV会議ライブラリの容量を、Windows32/64bit/Macで分けるようにし 1/3 まで削減し、通常のインストーラにバンドルするように。 これまで、必要になった際に追加ダウンロードしていたが、後からダウンロード出来ない環境も多いため