CAMServer を Windows サービスとして起動

Chat&Messenger - テレビ会議も高機能 -
チャット、メッセンジャー、テレビ会議、スケジュール、文書共有を統合したフリーソフト

CAMServer を Windows サービスとして起動

CAMServer を Windows サービスとして起動

CAMServer は Windows のサービスとして実行させる事も可能です。 Windows のサービスとして実行させる事で、いくつかのメリットがあります。


メリットとデメリット

メリット

  • CAMServer を配置した端末へ、リモートデスクトップにてアクセスする際に制限が無い
  • CAMServer が万が一クラッシュした時に、再起動を自動的に行える
    ※ Windows サービスの「回復」機能を利用して

デメリット

  • CAMServer は サービス起動中、ウィンドウを持つ事ができないため、いくつかの管理メニューは実行する事ができない
    ※ 常時利用する機能は、クライアントからリモート機能で実行できます。

備考:
  • 通常リモートデスクトップでログオフすると、サービス化(デーモン化)されていない全てのユーザプロセスは終了します
  • リモートデスクトップを利用した場合でも、下記のように「ログオフ」ではなく「切断」でリモートデスクトップを終了すると、CAMServer が停止する事はありません。
  • 複数人のユーザが、CAMServer の端末へリモートデスクトップにて接続するケースがある場合に、CAMServer をサービスとして起動する事を推奨します。
    (※具体的には、社内の Windows Server には他のソフトウェアもインストールされているため、複数人の管理者がリモートデスクトップにてアクセスする可能性がある。このような場合が該当します。)




利用方法

1.インストール後のフォルダ構成内の win_service を確認

サービス登録/削除/起動/停止のスクリプトとして、win_service が配置されています。
unzip_camserver.jpg

2.Windows サービスへの登録を行う

CAMServer をサービスとして実行させるには、最初に一度だけ Windows へサービスとして登録する必要があります。

Windows のサービスへ登録するには、解凍したフォルダ内にある camserver.exe を手動でクリックし起動します。
通常通りメインウィンドウが表示されますので、「管理メニュー」→「サービス」→「サービスのインストール」を実行します。
実行すると、サービス名「CAMServerService」としてサービスへ登録されます。

注意:
  • 登録後、サービスが正常に登録されているかどうかを確認するには、次の手順でWindowsのサービス画面を開いてください
    「スタート」→「コントロールパネル」→「システムとメンテナンス」→「管理ツール」→「サービス」
    ※ v2.52.13 以降では「コントロールパネル」を開くで確認可能
    svc_win_monitor.jpg

3. Windowsサービスとして起動する

Windows サービスとして起動するには、CAMServer の「管理メニュー」→「サービス」→「サービス開始」を実行します。
備考:
  • サービス開始後、手動で起動したウィンドウを持つ camserver.exe は自動的に停止します
  • サービス開始後、CAMServer の状態確認は、Chat&Messenger からリモートで実行できます

4.Windowsサービスを停止する

win_service フォルダ内の stopSvc.vbs を実行するとサービスを停止する事ができます
備考:
サービス起動中、手動で camserver.exe 実行した場合は、起動中のサービスをが停止され、手動実行した camserver.exe が数秒程度で有効化されます


Windows サービスを自動起動する

サービスをWindowsの起動と同時に起動するためには、「自動起動」を設定します。 Windowsのサービス画面で、サービス名 CAMServerService をダブルクリックし、「スタートアップの種類」で「自動」を選択してください。


エラー時の自動回復

CAMServer のサービスが万が一停止してしまった場合に、Windows サービスの回復機能を利用すると、自動的に再起動する事が出来ます。
管理ツールのサービス設定で CAMServer を選択し、プロパティで「回復」 タブから、最初のエラー などで「サービスを再起動する」等を選択してください。

サービス版での注意事項

  • CAMServerのサービス版は、ウィンドウを持つ事ができませんので、次の初期設定は、手動で「camserver.exe」を起動させてから設定します。
  • 通常版からの移行の際に、通常版のスタートアップ起動と Windows サービスの「自動起動」が重複しないようにしてください。


サービス登録・削除・起動・停止のスクリプト

以下に下記スクリプトを配置しています。


v2.52.13 以降 CAMServer/win_service
  • installSvc.vbs・・・CAMServer を Windows サービスとして登録します
  • removeSvc.vbs・・・サービスとして登録した CAMServer をサービスから削除します
  • startSvc.vbs・・・CAMServer をサービスとして起動します
  • stopSvc.vbs・・・サービスとして起動した CAMServer を停止します

v2.52.13 未満 CAMServer_svc/service
  • installSvc.bat・・・CAMServer を Windows サービスとして登録します
  • removeSvc.bat・・・サービスとして登録した CAMServer をサービスから削除します
  • startSvc.bat・・・CAMServer をサービスとして起動します
  • stopSvc.bat・・・サービスとして起動した CAMServer を停止します

また、サービスの起動・停止は、Windowsのサービス画面でサービス名「CAMServerService」を起動・停止する事でも対応できます。

過去にあった質問

  • Windows server2008 で、 CAMServer のサービス起動の場合 Windows Firewall 設定が上手くいかず、Chat&Messengerから見えないと指摘が2件ありました。
    この場合、Windows server2008のコントロールパネル内のFirewall設定で「camserver.exe」までのパスを手動で追加してください。
    ※ 過去2件のシューティング結果では、Windows server2008 などの時代のOSは、advfirewall firewall へのちょうど仕様変更頃で、OS自体に何か不具合があるように思えました。

  • サービス起動中に camserver.exe を手動で起動した場合、サービスに影響は出ないでしょうか?
    → 影響については、再起動の間多少影響がある程度です。
    camserver.exe を手動起動する時にサービスの状態を検出し、確認ダイアログでサービスの停止を行います。そしてサービスが停止後、camserver.exe の GUI が起動します。

  • サービス運用中に、camserver.exe の手動起動から設定変更を行った場合、運用中のサービスに設定変更は適用されますでしょうか?
    → 両方同時に起動出来ないようになっており、かつ、設定ファイルはサービスも camserver.exe の手動起動も共通になっています。そのため、camserver.exe の手動起動で各種管理操作をおこなった後、サービスを再開すると設定が反映されています。







ページトップへ

会社情報 Copyright ©Chat&Messenger Inc. All rights reserved.